時事

桜田淳子の現在「有名占い師心酔」統一教会よりも重要になって…

発行責任者 (K.ono)

 安倍晋三前首相の銃撃事件で注目される、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)。

当時人気女優の桜田淳子さん

 逮捕された山上徹也容疑者の家族と統一教会の関係が明かされるにつれ、国民の関心は統一教会と安倍前首相、統一教会と自民党の関係に集中しているように見受けられます。

 そんな中で注目されるのが、1992年に教会主催の合同結婚式に参加した、当時人気女優の桜田淳子さんです。見ず知らずの男性と“マッチング”されて結婚する合同結婚式には大きな注目が集まりましたが、当時の桜田さんは「不安はありません」と宣言していました。

 2006年には自伝『アイスル ジュンバン』(集英社)を出版しましたが、統一教会には触れず。2018年に「桜田淳子プロジェクト」と銘打ってホームページも立ち上げましたが、世間の反応はそれほどでもありませんでした。

 統一教会も桜田さんの話題も完全に風化した、というような状況での今回の事件。桜田さんの現在に再び注目が集まっています。

 この件に関し「女性セブン」(小学館)が詳細を報じています。

統一教会の“広告塔”

「2010年代でも桜田さんは統一教会の“広告塔”として機能していたようです。講演などにも参加していることがわかっています。

また、現在の桜田さんが『政財界や芸能界に多くの顧客を持つ四柱推命の女性占い師・A氏に心酔している』とのことで、その人物の助言をもとに活動しているようです。一時期芸能活動を再開したのもその占い師の影響が大きかったとか。

統一教会を現在も信奉しているようですが、他にも信じる人物がいるとのこと。もともとそういうタイプの人ということでしょうか……」(芸能関係の記者)

 今はほとんどの人が連絡が取れないとのこと。謎は深まるばかりです。
(文/堂島俊雄)