時事

野田聖子夫「裁判所に嘘ついてる」ひろゆき辛辣ツッコミの暴力団員裁判終了

発行責任者 (K.ono)

 野田聖子地方創生相の夫・野田文信さんが「過去に暴力団員だった」などと「週刊文春」が報じた記事に関する裁判の判決が確定しました。

事実無根と裁判になったが…

 記事は事実無根、名誉を傷つけられたとして文藝春秋に1100万円の損害賠償を求め訴訟を起こした文信さん。しかし、最高裁判所第一小法廷は8月8日に文信氏の上告を棄却しました。

 つまり、文信氏が元暴力団員だったことが「真実である」とする東京高等裁判所の判決が確定したのです。この件に世間は改めて「内閣の人物の夫が反社って確定してしまった」「暴力団に統一教会、これが自民党か」などと呆れる声が大多数です。

 2018年にこの記事が出て裁判に発展。昨年には「私は夫を信じている」などと発言し、文信さんの素性が事実無根であるという見解を支持していました。しかし「判決確定」してしまったことで、世間的にはもう言い逃れができない状況となってしまいました。

ひろゆき「嘘を裁判所に主張してる」

 これに多くのインフルエンサーも反応していますが「2ちゃんねる」開設者の西村博之(ひろゆき)さんはツイッターで『「夫は暴力団員では無い」と、新潮社を訴えた自民党・野田聖子議員。暴力団「昌山組」の元組長が証人として出廷して「俺の盃飲んだよなぁ?」と、組員時代のエピソードを話すという覆しようの無い状況に。最高裁でも「野田聖子議員の夫は元暴力団員」が確定しました。統一教会どころじゃないよね。』(新潮社は文春の間違い)と発言。

 さらに『元暴力団員だと永遠に人権を認めないのもおかしいと思ってます。野田聖子議員の夫が「元暴力団ですが、反省して魚屋やってます」とかならまだ良いです。夫婦揃って「暴力団員では無かった」と嘘を裁判所に主張してるのがマズイと思ってます。』としました。

 野田さんは判決に対し現状は無言。ツイッターでも触れていません。国民に説明する時は来るのでしょうか。
(文/田中陽太郎)