娯楽

なにわ男子高橋恭平に「暴走ジャニヲタ」展示ユニフォームに接近で大炎上中

発行責任者 (K.ono)

 また「ジャニヲタ」モラルで騒がれそうだ。

『なのに、千輝くんが甘すぎる。』

 ジャニーズの「なにわ男子」メンバー・高橋恭平のファンの行動が物議を醸している。

 高橋は映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』で主演しており、ファンの間で大いに注目されているが、問題は大阪にある複合施設「天王寺ミオ」での出来事だ。

 この施設に、高橋が同映画で着用したというユニフォームのマネキンが展示されているのだが、ファンの女性が自身のSNSにこのユニフォームとの「ツーショット」を披露。別にそこまでは何ら問題もなさそうなのだが……。

 この女性、「展示を仕切るチェーンの中に入って撮影」しており、マネキンに触れているような描写もあったのだ。

 これがネット上ですぐさま炎上。「なにわ男子の高橋恭平君の映画で着た服を展示してある所のチェーンの中に入って写真撮ってた人いたけどダメでしょ?」「だからジャニオタって言われんじゃん…もう言われてるけど」「ちぎらくんの展示のやつでチェーンの中に入って撮影しちゃってる方がやばい…やめてくれ」など厳しい意見が多数を占めている。

過激な人々を糾弾する内ゲバ状態

 ほとんどのファンは普通に応援しているだけなのだろうが、一部こうしたモラルに欠けるファンがいるため、たびたび「ジャニヲタ」とひとくくりにされて炎上する場合が多い。

「最近はジャニーズファン内で過激な人々を糾弾する内ゲバ状態になることも多いですね。真面目なファンが迷惑している何よりの証拠でしょう。

残念ながらこうした行動は今後も出続けるでしょうね。天下のジャニーズだけに拡散する力も段違いです」(メディア関係者)

 やりすぎにご注意を……。
(文/名古屋譲二)